手作りが好きで、日々、針を持って小さな動物を作っています。 主に、手作り作品を紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京行き(2)
2010年07月10日 (土) | 編集 |
東京へ来て、11日目。
義妹と自由が丘へ。

いろいろ歩き回って買ったのが、
↓と、カットソーと半袖カーディガン。

靴
バッグ

自由が丘と言うと、スイーツ。
息子に、「美味しそうなの売ってたら、買って帰るわ」
と言って出かけたので、買ってきたケーキ

ケーキ

洋酒がたっぷりの大人の味でした

12日目。
息子と『踊る大捜査線3』を観に、川崎へ。
公開になったばかりなので、お客さんいっぱい。
直ぐには観れず、一本後に。
待ち時間、息子の服をショッピング。
次男と違い、長男は全然買わない子なので、
私が「新しい服買いに行こう」て言わないと行かない。
で、買ったのが、

息子のバッグ
息子の靴
息子の服

映画は、面白かったけど、少し変やろ?という場面もあった。

遅くなったので、家で作るのもしんどいので、
梅の花の豆腐焼売と、鰻。

鰻



[続きを読む...]
スポンサーサイト
東京行き(1)
2010年07月04日 (日) | 編集 |
一年ぶりに、長男の所へ行ってきました
目的は、遊びと息子の部屋の片付け。

やっぱり、予想通り、息子の部屋は汚かった。
着いて直ぐ、掃除です

三日目、息子と義妹とで、『オルセー美術館展』へ。
思った以上に、観覧に時間がかかり疲れました。

六日目、バーゲン初日。
義妹と新宿へ。
義妹は、息子の服や自分の小物を買ってたけど、
私は、ロングシャツ一枚買っただけ。

七日目、またまた義妹と一緒に、巣鴨と茗荷谷へ。
とげぬき地蔵にお参りして、塩大福を買いました。

塩大福

巣鴨でランチするのに、あまりいいお店がなかったので、
義妹が以前行ったことがあると言う茗荷谷へ。
ところが、そのお店、あいにく貸切で入れず。
違うお店を探す前に、バッグの安いお店があるというので、
そこへ立ち寄りました。
『IL SACCO BUCKS』というお店です。
私は、斜めがけショルダーが好きなので、↓を買いました。

斜めがけショルダーバッグ

ブランドものじゃないけれど、革が軟らかく、使い勝手が良いです。

小石川植物園へも行こうと言ってたので、
そちらの方へ向かって歩いていたら、
『Bistro Copain』というお店、発見
リーズナブルなお値段で、美味しく戴けました。
さすが、文京区。
お客さんの服装が違ってた

小石川植物園は、思ってた以上に広く、
春の桜、秋の紅葉の時期に行ったら良いだろうなと思った。

※先日話題になった世界最大の花『ショクダイオオコンニャク』は
  観れなかったけれど。。。
鹿野温泉へ行ってきました。
2010年06月06日 (日) | 編集 |
鳥取県鹿野町の鹿野温泉へ行ってきました。
鹿野温泉て、あまり耳にしない温泉ですよね。
鳥取市から行くと、三朝温泉の途中にあります。
お宿もあまり多くなく、
その中の一つ、全室露天風呂つきの『お宿夢彦』に泊まりました。

お宿夢彦

元はペンションだったみたいで、部屋の雰囲気と違和感がありました。

お宿夢彦

お部屋は、広く、堀こたつがあります。
6月だったので、もう電源は抜いてありましたが。。。

外に、掛け流しの露天風呂がありました。

お宿夢彦

これくらい大きいと、ゆったり浸かれて良かったです。
ただ、お風呂にヘヤートニックとかが無く、
主人は、「あると思ったから持ってこなかったので困った」
と言っていました。

夕食は普通だったけど、
朝食は、鳥取産長芋が入ったおかゆが美味しかったです。
三滝渓へ
2010年05月04日 (火) | 編集 |
GWもあと少し。

鳥取中部にある『三滝渓』へ、滝を観に行ってきました。

三滝渓

滝までは、この長い階段を上って行きます。

歩くこと約30分。
滝が見えてきました。

三滝渓

千丈滝です。

三滝というから、他にもあると探したのだけれど、
今年は、水が少なかったようで、枯れていました。

三滝荘の前では、アマゴ釣りをしている家族もいました。
結構大きな魚が釣れていましたよ。
今年のGWは吉備路へ
2010年05月03日 (月) | 編集 |
鳥取もあちこち行ったので、もう行く所がなくなってきました。
と、いうことで、今度は岡山方面をターゲットにしようと思います。

倉敷も後楽園も行ったことがあるので、吉備路へ行ってきました。

先ずは、『吉備津彦神社』へ。

吉備津彦神社

備前国の一宮で、大吉備津彦命を祀ってあります。

ここでは、観光ボランティアの方に案内をしていただきました。
近くにある吉備津神社と、ちょっと競い合ってるみたいですが
境内を詳しく説明していただき、楽しく拝観できました。

吉備津彦神社
ちょっと違和感があった桃太郎像。
駐車場の端っこの方にありました。


吉備津彦神社からすぐ傍にある、『吉備津神社』へ。

備中国の一宮で、こちらも大吉備津彦命が主祭神。
県下最古の神社で、本殿と拝殿が国宝になっていて、
釜の音で吉凶を占う鳴釜神事が有名だそうです。

長い回廊が綺麗でした。

吉備津神社


次は、『中国分寺』へ。

備中国分寺

長閑な風景に心が癒されました。

この日は、五重塔の内部が公開されていました。

備中国分寺

東西南北の扉が開いていて、動物に観音様が乗っておられました。
自分の干支や家のある方角の扉の前で拝むと、
御利益があるそうです。

この日は、ここまでで帰宅。
次は、高梁や吹屋の方へも行ってみたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。