手作りが好きで、日々、針を持って小さな動物を作っています。 主に、手作り作品を紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
届きました
2008年09月30日 (火) | 編集 |
先日、ついにねんきん特別便が届きました。

年金特別便

特に問題がない人には、10月頃送ると言ってた特別便です。
中を開けてみると、
・加入年金の種類
・取得した年月日
・加入月数

が書かれていました。

今話題になってる「保険料改ざん問題」の
支払った保険料は載っていませんでした。

ま、私が勤めていた会社は一部上場会社なので大丈夫だと思いますが。

「もれ」や「間違い」がなくても回答してくださいとなっています。
面倒くさいけど、自分の老後のことなので、
しっかり回答しようと思っています。
スポンサーサイト
石見銀山と松江の旅(2)
2008年09月18日 (木) | 編集 |
昨夜のお泊まりは、玉造温泉
温泉に3回入りお肌つるつる。
夕飯後に行った川原の足湯、結構良かった。
宿に帰ってきても体ポカポカしてた。

二日目は、松江観光。
先ずは、松江城の堀を、遊覧船でぐるりっと堀川めぐり

松江-堀めぐり

船頭さんは殆どが年金受給者。
市長さん(知事さんだったかな?)が、定年後の生活安定の為に、
堀めぐりを提案されたそうです。

歌ありのガイドで、低い橋の下を、
時には屋根を下げながらめぐってきました。

松江-堀めぐり
この橋は、天井も横幅もスレスレ。
船が横の壁に当たりながらくぐり抜けていきました。

川のほとりは、船頭さんたちがきれいな花を育てていて、
川の水は海水が混じってるので使えないので、
船に真水を乗せて水やりをされてるそうです。
彼岸花も咲いていました。
彼岸前なのに、もう枯れかけてましたが。。。
赤と白い花は見たことあったけれど、オレンジの花は初めて。

松江-堀めぐり

乗船券は一日乗り放題。
乗船場は3か所あり、途中で乗り降りできます。
冬はこたつ船になるそうです。


堀めぐりを終わって、武家屋敷や松江城を拝観。

[続きを読む...]
石見銀山と松江の旅(1)
2008年09月17日 (水) | 編集 |
14日(日)、世界遺産の石見銀山に行ってきました。

主人の赴任地の鳥取からで約4時間。
結構遠い
ガイドブックに、「バック&ライド方式を実施」て書いてあったので、
町並みの中には、車は入れないんだろうと思って、
手前の空き地に止めて、そこから歩いて行ったら、
中に駐車場がありました。
何だか、中途半端な規制。
世界遺産なんだから、もっと徹底しないと、
登録取り消されちゃうんじゃないかと心配。

ま、それはさておいて、
先ずは、石見資料館に入って、共通チケットを購入。

大森代官所跡

資料館は、昔の大森代官所跡で、
ここで、銀山の勉強をしてから町並み散策へ。

熊谷家住宅と旧河島家住宅へ。

石見銀山-旧河島家住宅
【旧河島家住宅】

熊谷家住宅は、石見銀山きっての豪商の屋敷。
河島家住宅は、江戸時代の武家屋敷。
内部に、家具が展示されていて、当時の暮らしぶりが伺えるようになっていました。

町を歩いていると、郵便局の入り口には、昔の赤いポストがあり、
自動販売機も町並みに合わせて、こんな木枠の中に入ってました。

石見銀山-自動販売機

次は、五百羅漢へ。

石見銀山-五百羅漢

岩をくり抜いたお堂の中に、五百羅漢像が安置されていました。
(内部は撮影禁止なので、羅漢像の写真はなしです)
銀山で亡くなった人たちを供養しようと、
温泉津町の石工さんたちによって彫られたそうです。
いろんな格好・表情の羅漢さんたち安置されていました。


さて、次は、銀山地区です。
[続きを読む...]
腕時計の電池交換
2008年09月11日 (木) | 編集 |
先日、腕時計が止まっていた。
電池は、今年の1月に交換したばかりなので、
もしかしたら壊れたのかな?
普通、電池て1年位持つでしょう。

でも、やっぱり電池切れかなぁ?

壊れてるのに、店で1000円も出して、
電池交換をしてもらうのも勿体ないし。

ネットに、自分で交換する方法が載ってたので、
ダメもとで、ダイソーで電池買ってきて交換してみた。

動いた~!

2個入りで105円

こんなに簡単なら、もっと早くから自分ですればよかった。

でも、ホントは、ソーラ電波時計が欲しいんだけどなぁ

掛時計
2008年09月01日 (月) | 編集 |
先日、20数年使ってた掛時計が壊れました

電池切れかなぁ?と思って、
新しい電池に入れ替えても反応なし。
「接触不良なのかなぁ?」と思ってトントンと叩いたら動き出した
動き出したから、「まぁいいや」と壁に掛けたけれど、
暫くしたら、段々と時間が遅れてきた。
やっぱり、寿命みたい

置時計なら、いっぱいあるんだけれど、
やっぱり、習慣なのか、壁を見てしまう。
壁も、その場所がポカンと空いて変。

やっぱり、新しい掛時計を買おう。
土曜日、戴いた百貨店の商品券を持って、買いに行ってきました。

掛時計

いろいろあったけれど、リビングの雰囲気に合う
ベージュ色の時計にしました。
これなら、隣に飾ってるトールとも

正時になるとメロディーが鳴る電波時計。
暗くなると、鳴らないというので選びました。
夜中も鳴られたら、いくら隣の部屋といえども、
うるさくて寝てられませんよね。

これで、ソーラーだったら、電池要らずでもっと良いんだけれど。
ソーラーになると高いので、電波時計ということだけで我慢。

あと、ちょっとだけ不満なのは、
メロディーがオーソドックスすぎることかな。
好きな音楽を鳴らせるようだったらいいのになぁ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。