手作りが好きで、日々、針を持って小さな動物を作っています。 主に、手作り作品を紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
芦津渓谷と智頭宿
2008年11月29日 (土) | 編集 |
湯村温泉へ行った翌日、鳥取の智頭町へ行ってきました。
智頭」て聞いてもピンとこない人が多いと思います。
近畿から鳥取へ行く途中にある宿場町です。
特急スーパーはくとの停車駅があります。

今回は、鳥取から智頭へ。
先ずは、芦津渓谷へ行きました。
紅葉が観られるかなぁと思って行ったけど、少し遅かったようです。
でも、滝があるというので、遊歩道を歩いて観に行ってきました。
途中に『烏帽子岩』という岩がありました。
この下はすごい崖で谷川が流れていました。

智頭-烏帽子岩

少し進むと『三滝』という滝がありました。

智頭-三滝

上下二段になっていて、下は二すじに分かれています。
下段の滝の方が、もう少し水量が少なくなると三筋になることから
三滝』と呼ばれてるのだそうです。

このあと、『みたき園』という所まで戻り、山菜料理をいただきました。

智頭-みたき園

茅葺き屋根の古民家風の建物がいっぱい建っていました。
紅葉も終わりだというのに、予約客でいっぱいでした。
原則、山菜料理は予約みたいでしたが、
予約無しでも食べることが出来ました。

智頭-山菜料理

山菜や野菜ばっかりなのに結構高い
炊き込みご飯が美味しかったです。
みたき園は、雪が降る時期はお休みだそうです。

みたき園の中にも滝がありました。

智頭-天空の滝
【天空の滝】です。
こちらの方が迫力があってよかった
滝の他にも、福禄寿さんのお堂があったりと、
散策してて楽しい所でした。
[続きを読む...]
スポンサーサイト
テーマ:日帰りお出かけ
ジャンル:旅行
湯村温泉に行ってきました。
2008年11月28日 (金) | 編集 |
先週の三連休、またまた鳥取へ行ってきました。

鳥取の観光地も、あちこち行ったので、
段々行く所がなくなってきました。
で、今回は近場の湯村温泉へ。
主人のマンションからは、で40~50分くらい。

先ずは、夢千代館へ。
ここでは、NHKのドラマ『夢千代日記
に使用した道具や映像を観ることが出来ます。
吉永小百合さん、若~い

荒湯

春来川沿いに荒湯という源泉があり、
そこでは、温泉玉子や野菜を茹でたり、
足湯に浸かったりされていました。

荒湯

荒湯の端っこには、夢千代像が立っていて、

夢千代像

傍に、吉永小百合さんの手形もありました。
思ってたより小さな手形でした。

吉永小百合手形

このあと、佳泉郷井づつやへ。
ここでは、個室で温泉付きランチが食べれます。
私は、但馬ビーフ御膳(3150円)を食べました。

井づつやランチ
これに、エビの前菜と、ご飯・味噌汁がつきます。
ステーキ、小さかったけど美味しかった

結構大きなお風呂で、
岩盤浴も無料で出来ました。

井づつやは、迷子になりそうな大きな旅館だった。
今度は、お泊まりプランで行きたいなぁ。
[続きを読む...]
テーマ:日帰りお出かけ
ジャンル:旅行
空太くん&オリーちゃん出来上がりました。
2008年11月12日 (水) | 編集 |
空太くん&オリーちゃん

ウェルシュコーギー・ペンブロークの空太くん
ラブラドール・レトリーバーのオリーちゃんです。

大きさは、どちらも「
ポーズは、空太くんがお座りで、オリーちゃんが伏せ
でも、どちらも足の形が変わっています。

空太くん
【空太くんの足のポーズ】

オリーちゃん
【オリーちゃんの足のポーズ】


最初、どちらも大だったので、
骨組み(胴体部分)を同じ大きさにして作ったら、
オリーちゃんが小さくなってしまいました。
サイズ的には「大」の範囲内だったんだけど。。。

オリーちゃんの方が、細身で伏せのポーズだったので、
小さく見えてしまったのでしょうね。
単体の場合は、そのままでもよかったのですが、
横に並べて置く場合は、出来る限り実物サイズ差に合うように、
急遽作り直しました

ラブのオリーちゃん、ご注文は、閉じ口だったのですが、
真っ黒で寂しそうに見えたので、
少しだけ舌出しにしてみました。
オーダー様の了解もいただきました。
九州旅行三日目(2)
2008年11月08日 (土) | 編集 |
いよいよ、この旅行の一番の目的、国東半島めぐりです。
今回の予定は、
富貴寺→真木大堂→熊野磨崖仏→文殊仙寺→両子寺

先ずは、富貴寺から。。。

国東半島-富貴寺
参道の階段を上ると、石像の仁王様に迎えられました。

国東半島-富貴寺
恐いと言うよりも、
四頭身から五頭身の仁王様は、少しユーモラスな感じ。

国東半島-富貴寺
阿弥陀堂は、九州最古の木造建築物で、国宝
本尊は阿弥陀如来坐像。

境内には、国東塔や笠塔婆や座像などがたくさんあります。国東半島-奪衣婆座像
【奪衣婆座像】


二番目の真木大堂へ。。。

駐車場に車を止めて歩いて行くと、
何やら、ドンドン・ピーヒャラ
この日は、収蔵庫改築の落慶法要だとか。
お蔭で、タダで拝観出来ました。

国東半島-真木大堂

真木大堂は、かつて国東最大の寺院だったとか。
収蔵庫には、藤原時代の仏様
「大威徳明王像」「阿弥陀如来坐像」「四天王立像」「不動明王像」「二童子像」
が安置されています。
大威徳明王像は、牛に乗っていました。
こんな像は初めて。
(※堂内撮影禁止の為写真なし)

国東半島-真木大堂
【旧本堂】

三番目の熊野磨崖仏へ。。。

国東半島-熊野磨崖仏
磨崖仏を拝観するには、
『鬼が一晩で築いたという乱積みの石段』
上らなければ行けません。

下の受付で杖を借りて、出発です。
途中、休憩をとりながら、何とか辿り着きました。

国東半島-熊野磨崖仏
【不動明王像】
怖いというよりも、何となく微笑んでるみたいに見えます。

国東半島-熊野磨崖仏
【大日如来像】
こちらは、キリッと引き締まったお顔です。
[続きを読む...]
テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行
九州旅行三日目(1)
2008年11月08日 (土) | 編集 |
旅行三日目の朝です。

早起きして、朝食前に金鱗湖に出かけました。
湖底から水と温泉が湧くため、
冬でも水温が高く朝夕には湯気が立ちのぼる
」という湖です。

金鱗湖
茅葺屋根の家は、共同浴場(混浴)の『下ん湯(したんゆ)』です。


三日目の予定は、
耶馬渓→羅漢寺→青の洞門→宇佐神宮(八幡宮)→国東半島
だったのだけれど、
高速の入口を間違えて、反対方向へ行ってしまいました
高速ではUターン出来ない
とりあえず、次のインターを降りました。
今走ってきた道を引き返そうと思ったけれど、時間的に大分ロス。
結局、“耶馬渓~青の洞門”は諦めて、宇佐神宮(八幡宮)へ行くことにしました。

そしてまたまたハプニング
一旦、高速を降りてたので、今度は宇佐方面へ乗ろうと思ったら、
大分空港専用入口に入りかけてしまった。
間一髪、料金所のおじさんが気付いてくれて、
宇佐方面行のゲートを開けてくれたので、
無事、宇佐神宮へ行くことが出来ました。
九州の人て普通に優しいのよね

宇佐八幡宮

全国4万社以上ある八幡宮の総本社。
日本三大八幡宮と言われる
 ・石清水八幡宮(京都府)・・・二男のお宮参りに参拝
 ・鶴岡八幡宮(神奈川県)・・・去年参拝
と比べると、ホントに広い
左から、一之御殿・二之御殿・三之御殿。
ここで驚いたことは、『二礼四拍手一礼』
普通は二拍手なのに、4回も拍手するなんて初めて。

ここも伊勢神宮と同じように、下宮(外宮)があって、
そちらの方にも参拝。

このあと、国東半島めぐりへ。。。
テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行
九州旅行二日目
2008年11月04日 (火) | 編集 |
黒川温泉「湯峡の響き 優彩」の朝食、
温泉水で炊いた湯豆腐美味しかったぁ。
(写真撮り忘れました)

さて、二日目の予定は、
「九重“夢”大吊橋」と「竹田」「岡城跡」です。

先ずは、九酔渓に架かる九重“夢”大吊橋へ。
吊橋へ行く途中、牧の戸峠の紅葉狩り。

牧の戸峠
この日は今にも雨が降り出しそうなお天気。
晴れていれば、もっと綺麗だったろうけど。

九重夢大吊橋

九重“夢”大吊橋は、九酔渓に架かる
長さ390m・高さ173m日本一の吊橋です。
高さ・長さは凄いですが、両側に金網が張ってあるので、
思ったほど怖くなかったです。
この橋は実用性はなく、正に観光目的だそうです。

この橋からは、『日本の滝百選』に選ばれた震動の滝が見ることができます。
今年は、水量が少ないらしい。

九重-震動の滝(雄滝)
【落差83mの雄滝】

九重-震動の滝(雌滝)
【落差98mの雌滝】

お土産を買って、竹田の町へ。。。
[続きを読む...]
テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行
九州旅行一日目
2008年11月03日 (月) | 編集 |
主人の勤続30年記念旅行に、10月30日から二泊三日で、
九州へ行ってきました。

今回の泊まりは、黒川温泉と由布院温泉です。

先ずは、第一日目から。。。

伊丹8:00発のに乗るため、家を6時前に出発。
4時半起きです。
眠い

熊本までは1時間ちょっと。
空港を出て、レンタカーで熊本市内へ。

最初に、水前寺成趣園へ。

水前寺公園

回遊式の庭園で、広くて緑がきれいなお庭でしたが、
連休前の平日なので、観光客はまばら。
小学生が遠足にきていました。

一回りして、次に熊本城へ。

熊本城
ここは、たくさんの観光客がいました。
遠足の学生や韓国からの旅行者が多かった。
広場からは、天守閣が大小二つ見えるけれど、
本丸御殿からは一つに見える。

熊本城

加藤清正が築いた熊本城は、
西南戦争で薩摩藩相手に戦い抜いた堅城だそうで、
石垣がスゴい!

熊本城石垣

この石垣は二層になっていて、
右側の傾斜が緩い方は年代が古く、
左側の急な方は、後から継ぎ足されたものらしい。

熊本城宇土櫓
こちらの櫓は、「宇土櫓」と言って、
築城当時のまま残ってる唯一の櫓だそうだ。
中もそのままで、急な木の階段などは昔が偲ばれた。

天守閣は昭和35年に復元されているので、
中は、鉄筋コンクリートの階段でした。
大阪城みたいにエレベータはなかったけれど

お昼を食べて、阿蘇山へ。。。
[続きを読む...]
テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。